最新作 ビクセン 5mm SSW接眼レンズ-天体望遠鏡

最新作 ビクセン 5mm SSW接眼レンズ-天体望遠鏡

最新作 ビクセン 5mm SSW接眼レンズ-天体望遠鏡


【製品特徴】
■全機種83度の見掛視界を持つ、新設計の接眼レンズ
■視界45度~50度の標準的な接眼レンズに比べて3倍近くの範囲を一度に見ることが可能
■これまでの接眼レンズよりもさらに多くの星を映し出すことができ天体望遠鏡を通してより臨場感ある宙の姿を見ることが可能
■超広視界タイプでありながらも周辺までシャープな像を確保
■内部鏡体構造の最適化と全面マルチコーティングの採用によりゴーストやフレアを抑えた明るくてハイコントラストな像を提供
【製品仕様】
●見掛視界:83度
●アイレリーフ:13mm
●レンズ構成:4群7枚
●コーティング:全面マルチコーティング
●差込径サイズ:31.7mm
●見口:ツイストアップ式ゴム見口
●原産国:日本
●質量:230g
■1世紀ぶりに木星、土星、火星が相次ぎ最接近!■

木星、土星、火星が2018年5月10日から夏にかけて、地球に相次ぎ最接近し、
空のほぼ同じ方角に明るく並びます

各惑星の色にも特徴があり、木星が薄茶色、土星が黄色、火星が赤色で
肉眼でも色の違いが分かるそうです

土星は15年周期で輪の傾きの見え方が変化するが、現在は傾きが大きい時期
天体望遠鏡を使えば美しい土星の輪を鑑賞できます

最接近するのは
木星:5月10日(木)
土星:6月28日(木)
火星:7月31日(火)

これから秋にかけて天体ショーが楽しめる時期です
■1世紀ぶりに木星、土星、火星が相次ぎ最接近!■

木星、土星、火星が2018年5月10日から夏にかけて、地球に相次ぎ最接近し、
空のほぼ同じ方角に明るく並びます

各惑星の色にも特徴があり、木星が薄茶色、土星が黄色、火星が赤色で
肉眼でも色の違いが分かるそうです

土星は15年周期で輪の傾きの見え方が変化するが、現在は傾きが大きい時期
天体望遠鏡を使えば美しい土星の輪を鑑賞できます

最接近するのは
木星:5月10日(木)
土星:6月28日(木)
火星:7月31日(火)

これから秋にかけて天体ショーが楽しめる時期です

※詳しくはメーカーサイトをご確認下さい。

Vixen`天体`星`
ラストライト LL LB5730 アウトオブフォーカス1.25×1.55m 夏の葉/シティライツ 《納期約3ヶ月》

掃除機(乾湿両用・静音型) TA613F φ330×H500mm[※代引不可]
国立新美術館


最新作 ビクセン 5mm SSW接眼レンズ-天体望遠鏡

→一覧をみる

最新作 ビクセン 5mm SSW接眼レンズ-天体望遠鏡

→一覧をみる

↑ PAGE TOP